胃の弱い方必見!胃炎を治す食べ物とは?その栄養成分とは何か?

   

Pocket

※激戦の社長ランキングの中でもしよろしければ
松永太郎に応援クリックして頂けたら嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

【胃炎を治す食べ物、栄養成分とは?】

胃炎は、暴飲暴食などにより、直接胃の粘膜
が刺激されて胃が炎症を起こす場合を言いま
す。

胃炎には、急性胃炎と慢性胃炎があります。

ストレスが原因のストレス性胃炎も多くあり
ます。

最近では、強い粘膜でも繁殖するヘリコバク
ター・ピロリ菌が、慢性胃炎や消化性潰瘍、
そして胃がんの原因になるという説がありま
す。

軽い胃炎は、胃のあたりに重苦しい痛みを感
じ、約2~3日で治ります。

ひどいものでは、激痛や吐血を伴うこともあ
ります。

このような場合は、専門医の診断が必要です。

慢性胃炎の場合、胃の粘膜がはれてぶよぶよ
になっていたり、粘膜全体が薄くなっている
場合があります。

食べ物による予防としては、アルコールや辛
い香辛料を使った料理、熱いものを避け、白
身魚や野菜など、消化しやすいものをメイン
に摂取しましょう。

痛みが強いときや吐血のあとは絶食して、症
状が良くなったら重湯やおかゆにします。

よく噛んで食べることが大事です。また、ス
トレスを避け、十分な睡眠が必要です。

胃炎に有効なハーブや栄養素をご紹介します。

●ショウガ
ドイツでは消化不良の薬として認定されてい
て、有効成分のシンゲロンやショウガオール
には、健胃作用や抗炎症作用、抗潰瘍作用な
どがあります。

●カテキン
強い抗菌・抗毒作用を持ち、慢性胃炎の原因
ともなるヘリコバクター・ピロリ菌や胃がん
細胞の死滅に非常に効果のあることがわかっ
てきました。

●アロエベラ
昔から薬いらず、万能薬として愛用されてき
ました。アロエウルシンなど多くの有効成分
が、傷ついた胃粘膜に皮膜をはり、胃を保護
します。

●EPA
青魚に多く含まれるEPAは、体内で胃液の分泌
量を決めたり、胃粘膜を丈夫にするプロスタ
グランジンに変わり、アルコール性胃炎を予
防する働きがあります。

●ビタミンA・βカロチン
胃の粘膜の再生を促進したり、ビタミンC・E
と共に、胃の粘膜を保護している粘膜の分泌
に関わるため、胃炎の予防に効果があります。

●ビタミンC・E
胃炎に活性酸素は深く関わっています。スト
レスを受けると胃の粘膜に過酸化脂質ができ
て傷つき、それが胃炎の元となることが考え
られているため、抗酸化作用のあるビタミン
が必要です。

胃をやさしくいたわる天然成分が配合された
サプリや、胃炎の原因ともなるピロリ菌を退
治するサプリをご紹介します。

詳しくは、こちらからご相談下さい!
↓↓↓

 

LINE@に新規ご登録で無料プレゼントキャンペーン中!

経済の健康を手に入れる!
ネットで天職を加速させる!
たった半年で月収100万円 稼げる
仕組みを作る方法

PDF133ページを無料プレゼントします!
こちらからご登録下さい!
↓↓↓
プレゼント

※この記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

 - 健康・美容