しっかりと咀嚼するといいことがたくさんある!美容・健康に効果、効能あり!

   

Pocket

※激戦の社長ランキングの中でもしよろしければ
松永太郎に応援クリックして頂けたら嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

歯で食物を噛み切ったり、すりつぶしたりす
る事を咀嚼(そしゃく)といいます。

この咀嚼に関係する筋肉の総称を【咀嚼筋】
といいます。

咀嚼する大切さを知って、噛む力を鍛えれば、
健康や美容面にも良いことがたくさんありま
す。

私たちは、毎日食物を食べて生きていますが、
咀嚼することが脳や体にとって、とても大切
な働きがあります。

現代の日本人は、食事にかける時間が短くな
り、柔らかい食べ物を好むようになったこと
などから、噛む回数が激減し、顔が面長にな
っている傾向にあるようです。

弥生時代の人々は、1回の食事に約4000
回も噛んでいたといいます。

それが江戸時代には半分以下になり、戦前ま
では大差なかったのですが、戦後50年間で
さらに減少しました。

現代人が1回の食事で噛む回数は、約600
回と弥生時代の1/6以下となりました。

近年では、咀嚼する筋力が低下している子供
が増えているようです。

実は、よく噛み、顎を鍛えることにはたくさ
んの効用があります。

咀嚼の効用を下記に示します。
①食品の消化を助けて、栄養吸収を促進
・咀嚼は消化酵素のアミラーゼを含む唾液の
分泌を促します。

②唾液の分泌で、むし歯・歯周病予防
・唾液は、咀嚼で倍増し、唾液に含まれる免
疫物質が細菌を減少させるため、口腔内の抗
菌・洗浄、歯周病やむし歯、口臭予防になり
ます。

③がんや老化を予防
・唾液に含まれるペルオキシターゼというた
んぱく質には、発がん作用や老化現象などの
原因となる身体に悪影響を与える活性酸素を
抑制します。

④脳を刺激し活性化する
・噛むという作業により、頭部の骨や筋肉が
動き、血液の循環がよくなることで脳神経が
刺激され、脳の働きが活発になります。

⑤食べ過ぎを抑制、ダイエット効果
・ゆっくりよく噛んで食べると、血糖値が早
く上昇し、満腹中枢を刺激するので、摂取量
が少なくても満腹になります。

⑥ストレス解消、夜の眠りが深くなる
精神的な安定をつかさどる神経伝達物質セロ
トニンの分泌を増やします。日中のセロトニ
ン増加は、夜に睡眠導入ホルモンであるメラ
トニンを増やしてくれます。メラトニンの分
泌量が多いと、ぐっすり深い睡眠が得られま
す。

⑦顔周りがシャープに
あごや各筋肉が鍛えられ、顔全体がリフトア
ップにつながります。

⑧その他
・咀嚼による顔の筋肉運動で、顔のしわ、た
るみ、二重あごなどが改善します。口呼吸か
ら鼻呼吸に変わって、口内の渇きやベタつき
も解消します。免疫機能の向上、脳の覚醒、
記憶力アップなどの効果も期待できます。

忙しいからと言って、やわらかいものばかり
を早食いしていると、噛む力はますます弱ま
ってしまい、健康や美容に悪影響を及ぼすで
しょう。

よく噛み、歯ごたえを感じながら、食べ物の
味をよく味わい、楽しんで食べることを意識
して、豊かな食生活を満喫していきましょう。

咀嚼筋トレーニングを紹介します。
・頬~エラの部分に指先を置く
・奥歯を噛み締め、指先から伝わってくる筋
肉が収縮している様子を実感する
・噛み締めをやめリラックスする。
・この流れを5回繰り返す。

ちなみにガム咀嚼も咀嚼筋が鍛えられます。

咀嚼筋を鍛え、健康と美容を手に入れましょ
う!

 

LINE@に新規ご登録で無料プレゼントキャンペーン中!

経済の健康を手に入れる!
ネットで天職を加速させる!
たった半年で月収100万円 稼げる
仕組みを作る方法

PDF133ページを無料プレゼントします!
こちらからご登録下さい!
↓↓↓
プレゼント

※この記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

 - 食事