褐色脂肪細胞とは何か?褐色脂肪細胞を活性化すると痩せる!

   

Pocket

※激戦の社長ランキングの中でもしよろしければ
松永太郎に応援クリックして頂けたら嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

褐色脂肪細胞とは、食事で摂取したカロリー
をエネルギーとして放出させる働きがある細
胞です。

褐色脂肪細胞というのは、限られた場所にし
かありません。

その場所は、下記の通りです。
●肩甲骨の間
●脇の下
●首の周り
●心臓の周り
●腎臓の周り

褐色脂肪細胞を活性化することにより、脂肪
を燃やしやすい体を作ることができます。

普段私たちが脂肪と呼んでいるのは白色脂肪
細胞といいます。

これは、エネルギーを貯える細胞ですね。

私たちの体が寒さを感じると、白色脂肪細胞
から褐色脂肪細胞に燃料を運び、それを燃や
して熱を生み出し体温を上げます。

ということは、この褐色脂肪細胞がきちんと
働いていると、脂肪が燃焼されすくなり、痩
せやすい体になるわけです。

白色脂肪細胞は貯蔵、褐色脂肪細胞は消費、
という、正反対の働きをします。

●褐色脂肪細胞の活動が活発な人
●褐色脂肪細胞の数が多い人

は痩せる体質の人で、

●褐色脂肪細胞の働きが鈍い人
●褐色脂肪細胞の数が少ない人

太りやすい体質の人ということになります。

赤ちゃんが、褐色脂肪細胞を一番たくさん持
っています。

赤ちゃんは、服を着たり脱いだり、窓を開け
てたり閉じたりして自分で体温調節ができま
せん。

赤ちゃんは、常に一定以上の体温を確保する
ため、自分自身の体の中で、食べた物を燃や
して熱を作り続ける仕組みを、大人よりたく
さん持ち、自分の体を守っています。

大人になると、自分で体温調節する方法を知
り、徐々に褐色脂肪細胞の数が減って、赤ち
ゃんの頃の4割程度まで減少します。

褐色脂肪細胞を活性化させて、エネルギーを
燃やして熱を作らせ、ダイエットに有効活用
しましょう!

1.肩甲骨を真ん中によせるイメージで上下
左右に回す運動

2.首筋や肩甲骨付近の褐色脂肪細胞そのも
のが多く集まっている部分に、冷たい水と温
かいお湯を交互に5回程度繰り返して浴びる
方法

上記2点については、とても有効な方法です
が、もっと有効な方法があります。

それは、【水泳】です。

水泳は、ご存じのとおり、肩甲骨周りの筋肉
を沢山使用します。

褐色脂肪細胞が活性化しますね。

また、水に入ると褐色脂肪細胞が体温を上げ
るために活発に働き、脂肪を燃焼し始めます。

まさに、水泳はダイエットには最も効果的な
運動ということになります。

水泳は、プールまで行く時間やお金が必要で
すが、自分磨きのために是非、自分へ投資し
てみてはいかがでしょうか?

来年の夏には、水着の似合う人になっていて、
ビーチで注目の的になるかもしれませんね。

 

LINE@に新規ご登録で無料プレゼントキャンペーン中!

経済の健康を手に入れる!
ネットで天職を加速させる!
たった半年で月収100万円 稼げる
仕組みを作る方法

PDF133ページを無料プレゼントします!
こちらからご登録下さい!
↓↓↓
プレゼント

※この記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

 - ダイエット