筋トレは正しいフォームで行うことがベストボディへの近道!回数にこだわらない!

   

Pocket

※激戦の社長ランキングの中でもしよろしければ
松永太郎に応援クリックして頂けたら嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

筋トレをする際、回数を達成することで満足
していませんでしょうか?

腹筋100回、腕立て伏せ30回、スクワッ
ト100回といった数字だけを目標にしてそ
れをクリアすることで達成感を求めますが、
腹筋が100回できても、100回できる楽
なフォームを見つけただけという場合が多い
です。

また、ベンチプレスで100kg上げたとして
も、負荷を対象外の筋肉や関節を使って逃し
たりしている場合があります。

厚い胸板を目指すのであれば、負荷ができる
だけ胸筋だけに乗るように、もっとも負荷が
胸筋にかかる軌道で、絶対に楽な軌道に逃げ
ないように厳密なフォームでやることです。

鍛えようとしている筋肉に、いかに強い刺激
を与えるかということが重要です。

特に、スポーツ経験者は、楽に、効率的にや
ってしまう方が多いです。

厳しい練習で、数字をクリアしてきたし、肉
体的な勘がいいので、負荷を他の筋肉や関節
に分散して楽に回数をこなしてしまうのです。

これでは、数値目標だけで、ただ単にトレー
ニングをこなすだけになってしまいます。

本来の目的は、【筋肉に負荷を与える】とい
うことです。

これらを勘違いしてはいけません。

筋トレをしていても、スタイルがあまりかわ
らないという方は、数値目標だけになってる
可能性があるので、もう一度よく自分のやり
方をチャックしてみて下さい。

例えば腹筋をやるときは、腹筋に強い負荷が
かかっているか、反動を使って楽をしてない
か、厳密なフォームで負荷をかけるように工
夫して下さい。

それで自分の限界を超えながら、筋肉が成長
し、自分の望むボディになっていきます。

何度もいいますが、効率的に、楽に回数をこ
なそうとしてはいけません。

【いかにターゲットとしている筋肉に強い刺
激を与えるか】という非効率なやり方がピン
ポイントで筋肉を鍛えてくれるでしょう。

それが最終的にメリハリのあるボディにつな
がります。

正しいダイエットということになりますね。

 

LINE@に新規ご登録で無料プレゼントキャンペーン中!

経済の健康を手に入れる!
ネットで天職を加速させる!
たった半年で月収100万円 稼げる
仕組みを作る方法

PDF133ページを無料プレゼントします!
こちらからご登録下さい!
↓↓↓
プレゼント

※この記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

 - トレーニング