活性酸素を除去し疲労回復しましょう!アクティブ生活が待っている!

   

Pocket

※激戦の社長ランキングの中でもしよろしければ
松永太郎に応援クリックして頂けたら嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

私たち人間の疲れが最もわかるタイミングは
ご存知ですか?

それは、朝起きた瞬間の何も考えていない状
態の時に、自分の疲労の残り具合が分かりま
す。

朝起きたときに疲れていれば、前の日に働き
すぎです。

肉体的疲労も、精神的疲労も、身体に及ぼす
影響は同じで、疲労を引き起こす原因も共通
しています。

それが【活性酸素】です。

酸素は私たちが生きていくために欠かせない
大切なものですが、ちょっとしたきっかけで
【活性酸素】というものに変化します。

そして、この活性酸素こそが、さまざまな老
化現象を起こすと考えられています。

活性酸素は身体の司令塔であり免疫力なども
司る自律神経の細胞をサビさせて(酸化させ
て)しまうのです。

体内の細胞の正常な働きを失わせ、その結果、
老化やいろいろな病気を引き起こします。

シミやシワなどのほか、ガン・動脈硬化・糖
尿病・老人性痴呆・白内障といった大変な病
気の引き金にもなります。

自律神経には交感神経と副交感神経の2つが
ありますが、活性酸素はこの2つの神経を酸
化させるのです。

これが疲れの正体です。

疲れを溜めにくい身体の作り方を紹介します。

●お風呂を41℃に設定する。
じっくり体を温めることで血流が促され、老
廃物を排出してくれます。

●ゆらぎの空間を作る
私たち人間は、快適と感じる場所でも、長時
間温度や湿度に変化がないと疲れやすくなり
ます。

ところが光や風などわずかな変化を感じるだ
けで副交感神経が優位になります。

これがゆらぎと呼ばれる効果です。

窓を開けたり、エアコンの温度を2時間おき
に上下させたりするのも効果があります。

●紫外線をシャットアウトする
紫外線が目に入ると角膜に炎症を起こし、体
中の活性酸素が増加して全身の疲労につなが
ります。

外出時にはサングラスや帽子で紫外線をシャ
ットアウトしましょう。

●鶏肉、特にムネ肉を食べる
イミダペプチドと呼ばれる強い抗酸化力を持
つ物質が含まれており、細胞の酸化予防、疲
労の軽減に効果があります。

量は1日100g程度、煮ても焼いてもOKです。

これらを意識し、疲れを溜めない身体を手に
入れましょう。

 

LINE@に新規ご登録で無料プレゼントキャンペーン中!

経済の健康を手に入れる!
ネットで天職を加速させる!
たった半年で月収100万円 稼げる
仕組みを作る方法

PDF133ページを無料プレゼントします!
こちらからご登録下さい!
↓↓↓
プレゼント

※この記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

 - アンチエイジング